formrun guide

formrun guideでは、ユーザーの皆様に役立つTipsやFAQ、ニュース、ユーザーインタビューなどの情報をまとめてお伝えします

「対応済みスタンプ」で顧客とのコミュニケーションや進捗状況をビジュアルで把握できるようになりました

f:id:mixtape-team:20171016173604p:plain

ボード画面で表示される顧客カードに「対応済みスタンプ」を表示するようになりました。ボード画面のステータス(かんばん)を複数設置することで顧客のステータスに応じた管理を行うことができますが、顧客とのメールや営業による対面では、初回の連絡以降でも顧客との継続的な連絡やコミュニケーションが必要なケースがあります。

「対応済みスタンプ」機能は、ユーザーが任意に顧客との関係性やタスクに対して「対応済み」のステータスを付与することができ、ボード画面では対応済みのチェックマーク状のスタンプが表示されます。この機能で、複数のチームメンバーがいつでもその顧客に対して、コミュニケーションやToDoの有無を判断でき、顧客対応の生産性効率化につながります。

ご利用方法

HTML埋め込み型フォームもしくはクリエイター機能で作成したフォームから入力された顧客情報は、顧客カードとしてボードおよびリストに"顧客カード"として表示されます。

f:id:mixtape-team:20171016174949p:plain

何もアクションをしていなければ、左上のステータス欄は「対応済みにする」という表示のままです。メール機能を使ってコミュニケーションしてみましょう。

f:id:mixtape-team:20171016175423p:plain

メール送信すると、左上のステータス欄が「対応済み」に変わります。

f:id:mixtape-team:20171016175712p:plain

ボード画面に「対応済みスタンプ」がカードに表示されます f:id:mixtape-team:20171016175939p:plain

リスト画面では、対応状況欄に「対応済み」と表示されます f:id:mixtape-team:20171016180104p:plain

メールコミュニケーションの際は自動的にステータスが変更されますが、お電話やFAX、訪問営業などでの対応では手動でも「対応済みスタンプ」の表示ができます。対応済みスタンプは、顧客カードの左上にあるステータス欄をクリックすることで、任意に変更できます。


使いこなしていますか?顧客との関係を創るこんな機能

メール機能 guide.form.run

チャットワークとの連携 guide.form.run

データ変更の履歴表示 guide.form.run

ユーザーアイコンの設定 guide.form.run

Webブラウザのプッシュ通知に対応 guide.form.run

顧客カードのデータフィールドの新規追加や並び替え guide.form.run

ステータスボードやクリエイター機能で選択できるカラーバリエーションが増えました

f:id:mixtape-team:20171011012734p:plain

なにができるの?

1・ボード画面のステータスボードで選択できるカラーが18色に増えました

f:id:mixtape-team:20171011010317p:plain

2・クリエイター機能のスタイルで設定できるカラーも18色から選べるようになりました

f:id:mixtape-team:20171011012106p:plain


「formrun」のサービスに関する皆様からのご意見・ご要望・フィードバックをお待ちしております。

これからもformrunをどうぞよろしくお願いいたします。

■formrun form.run

「スピードが求められる環境が多いスタートアップやスモールビジネスをされているチームや担当者には最適のサービス」株式会社favy 真島 功

f:id:mixtape-team:20171006132552p:plain

「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」ことを目指し、デジタルマーケティングの専門家と食の専門家が集う株式会社favy。飲食店の集客のため全国の美味しいお店を応援する分散型グルメメディア「favy」と飲食店のデジタルマーケティングを自動化するためのプラットフォーム「favyページ」をはじめ、完全会員制の焼かない焼肉屋「29ON (ニクオン)」や飲食店における無断キャンセルに対する返金保証サービス「favy ノーショー保証サービス」などオフライン・オンライン問わず、さまざまなフェイズで飲食店の価値最大化を進めているのが同社の強みだ。

今回は、同社 社長室 真島 功さまにformrun導入についてのお話をお伺いしてきました。


f:id:mixtape-team:20171010003845p:plain

--formrun導入の背景について教えてください

真島 もともと、海外のフォーム作成サービスを利用していましたが、郵便番号などの自動住所補完といった日本の住所のバリデーションに対応していなかったり、スマートフォンでの表示におけるレスポンシブの挙動が微妙であったりと不満を覚えていました。また、フォームに入った情報を都度、CSVファイルでダウンロードし、スプレッドシートで管理せねばならず、リアルタイムに管理出来ない点も課題として感じていました。

そこで全社的にフォームのサービスの乗り換えを検討しようということになり、国内外のフォームサービスを検討した結果、フォームが簡単に作成できて、しかもEFOの機能が標準装備。そのうえユーザー管理がしっかり出来るというformrunの機能がたいへん魅力に感じ、導入に至りました。導入事例の充実もポイントだったと思います。

guide.form.run

--formrunのセットアップについてはいかがでしたか?

真島 無料アカウント作成から、実際に私自身が自社のお問合せフォームをクリエイター機能で作成してみたのですが、10分もかかりませんでした。


--formrunはどのようなフォームでご利用されているのでしょうか

真島 自社のお問合せ、店舗へのお問合せ、サービスへのお問合せ・お申込み、採用エントリー、その他としてクライアントサービスのお問合せ・お申込みなどで実に100以上のフォームを、コンタクトセンターやマーケティングチーム、コンサルティングチーム、人事チームの部門で利用しています。

f:id:mixtape-team:20171010004037p:plain

—さまざまな部門でformrunをご利用くださっているのですね!ご感想をお聞かせください

真島 formrunを運用しているチームは、コンタクトセンターが中心となりますが、現場からは非常に使いやすいという声が届いています。従来、フォームでもメールでも顧客とのコミュニケーシュン対応は、「一対一」が原則的な対応だったのですが、formrunではチーム全体で顧客を管理、コミュニケーシュンできるため「一対多」となり、対応スピードや部署内での情報共有がとても円滑になりました。

以前利用していた海外のフォームと違って、formrunはリアルタイムに顧客からの新着情報が届くため、スピーディーに顧客のステータス管理やーザーとのコミュニケーションまで一気通貫でスピーディーに行える点が、素晴らしいですね。ユーザー管理とメール送受信を1つの管理画面で行える機能も気に入っています。

f:id:mixtape-team:20171010004518p:plain △真島さんが評価ポイントに挙げて下さった顧客情報とメールコミュニケーションの一元管理機能

真島 クリエイター機能を利用することでエンジニアやデザイナーの工数を使わず、誰でもすぐにフォームを作成できるため、ビジネス対応のスピードが圧倒的にあがった点と、ユーザーとのコミュニケーシュンやケアが充実した点も評価ポイントだと思いますね。

今では、業務に必要であれば各メンバーが自分たちでフォームを作成して、運用しています。

f:id:mixtape-team:20171010004246p:plain

--formrunはどのような方にご推薦できますか?

真島 さまざまな業務に携わる機会が多く、かつスピードが求められる環境が多いスタートアップやスモールビジネスをされているチームや担当者には最適のサービスだと思います。まさに誰でも使えるシンプルかつ高機能なフォーム&顧客管理システムだと思います。


【プロフィール】

f:id:mixtape-team:20171010004839p:plain

真島 功

株式会社 favy 社長室

株式会社favyの前身である株式会社マネタイズで、SEOエンジニア、ECコンサルティング、事業開発コンサルティングを担当。2016年11月にfavyにジョインし、現在は自社サービスのマーケティングを中心に、業務改善などを行っている。

www.favy.co.jp


formrunではじめてみましょう、あたらしいお客さまとの関係

formrunってどんなサービス? guide.form.run

クリエイター機能でフォームをつくってみよう・応用編 guide.form.run

HTMLコード埋込み型フォームをつくってみよう guide.form.run

HTMLのコーディングだけでフォームのバリデーションができるようになりました guide.form.run

バリデーション機能の設定方法 guide.form.run