formrun guide

formrun guideでは、ユーザーの皆様に役立つTipsやFAQ、ニュース、ユーザーインタビューなどの情報をまとめてお伝えします

当サイトは https://faq.form.run/ へ移転しました。

クリエイター機能・iframe埋め込み編

f:id:mixtape-team:20180426165306p:plain 誰でもかんたんにフォームを作成することができるクリエイター機能を使って、リッチなフォームをつくってみましょう。こちらでは、クリエイター機能にて作成したフォームを、iframeで簡単に埋め込む方法をご紹介します。

※formrunには開発者向け(エンジニア・デザイナー)の「HTMLコード埋め込み型」フォームを作成する機能も用意しています。

※フォームの作成が終了もしくは作成途中の場合には、画面右上の「保存」ボタンを押して、フォームの保存をお願いします

iframeを用いて独立したページにフォームを埋め込めます

これまで開発者向けに提供しておりました「HTMLコード埋め込み型フォーム」ではコーディングの知識を必要としておりました。しかし、今回iframeでの埋め込みが可能になったことにより、スクリプトをコピー&ペーストすることで、簡単にフォームが埋め込めるようになりました。

なお、クリエイター機能を用いたフォームの準備が出来次第の埋め込みとなりますので、こちらがまだの方は以下をご参考にまずはお取り組みくださいませ。

guide.form.run

guide.form.run

「iframe埋め込みフォーム」ページへの遷移方法

「iframe埋め込み」の設定画面には、フォーム一覧右下のボタンより遷移が可能となっております。 f:id:mixtape-team:20180426151826p:plain

①スクリプト設置

「iframe埋め込みフォーム」のページ内ではガイドに沿って作業を行います。 指定のスクリプトをコピーし、表示させたいページ内に埋め込みをしましょう、

f:id:mixtape-team:20180426153235p:plain

②-1. フォームのURLを設定

フォームを設置するURLの設定を行ってください。なお、同一のクリエイターフォームを複数のページに埋め込むことが可能となります。その際には、必ず複数のページに「フォーム設置URL」をご設定くださいませ。

f:id:mixtape-team:20180426164257p:plain

②-2. フォーム送信後のリダイレクトURLの設定

クリエイター機能にて作成したフォームのリダイレクトURL(サンクスページ)の設定となります。 エンドユーザーがフォームに回答したのち、こちらのページが表示されます。

f:id:mixtape-team:20180426164406p:plain

③フォームの設置完了・確認

設置したフォームからテスト送信が完了したら、きちんとデータが反映されているかどうかを、リスト or ボード画面にて確認しましょう。