formrun guide

formrun guideでは、ユーザーの皆様に役立つTipsやFAQ、ニュース、ユーザーインタビューなどの情報をまとめてお伝えします

メールテンプレート内で変数機能が使えるようになりました

f:id:mixtape-team:20170707153155p:plain

メールテンプレート内で変数機能が使えるようになりました。

これによって、メールを返信する際にフォームのデータを自動的に入力することができ、作業の効率化につながります。

※ この機能はSTARTERプラン以上でご利用可能です

ご利用方法

「フォーム設定」>「メールテンプレート」ページからテンプレートの編集を行なってください。

「件名」と「本文」を決められたフォーマットで記述すると、変数埋め込みなどの機能を利用することが出来ます。

利用できる変数

{{ }} で囲うことで変数を記述することが出来ます。

テンプレート内では以下の変数を利用することが出来ます。

変数名 変換される値 備考
team_name チーム名
form_name フォーム名
entry_number 受付番号
assignee 担当者 空欄の場合があります
status ステータス
login_user ログインユーザー名 管理画面にログインしているユーザーの名前です
data['項目名'] フォームデータ 表示名ではなく項目名です

f:id:mixtape-team:20170717220528p:plain

f:id:mixtape-team:20170717220521p:plain

f:id:mixtape-team:20170718123759p:plain

利用できるフィルター

{{ 変数 | フィルタ } のように、変数のあとに「パイプ(|)」を書くことでフィルター機能が利用できます。 フィルターは変数に対して加工を行うことが出来ます。

「引用」フィルター

{{ 変数 | quote }} と記述することで「引用フィルタ」をご利用いただけます。

quote (引用) フィルターを利用すると、引用のために文字列の先頭に「>」が付与されます。

お問い合わせ内容を引用してメールを返信する場合に有用です。

f:id:mixtape-team:20170717220124p:plain

f:id:mixtape-team:20170717220117p:plain

利用できるロジック

{% ... %}...{% end... %} で囲うことで条件分岐などのロジックを記述することが出来ます。

if

条件が満たされる場合に、ブロック内が実行されます

例

{% if <条件> %}
条件が満たされた場合に表示される
{% endif %}

f:id:mixtape-team:20170717222847p:plain

f:id:mixtape-team:20170717222843p:plain

unless

変数が存在しない、または条件が満たされない場合に、ブロック内が実行されます

例

{% unless <条件> %}
条件が満たされない場合に表示される
{% endunless %}

ご使用例

例1. お問い合わせ内容を引用する場合

{{ data['お名前'] }}様


お問い合わせありがとうございます。
{{ login_user }}でございます。

{{ form_name }}にお問い合わせいただきまことにありがとうございます。

{{ data['お問い合わせ内容'] | quote }}

こちらのご質問につきまして、回答差し上げます。
〜〜〜

f:id:mixtape-team:20170717223048p:plain

f:id:mixtape-team:20170717223054p:plain

例2. フォームのデータに応じて表示項目を変更する場合

{{ data['お名前'] }}様


お問い合わせありがとうございます。

{% if data['商品'] == 'A' %}
商品Aは配送まで1週間ほどお時間いただいております。
{% endif %}

{% if data['お急ぎ便'] == 'はい' %}
お急ぎ便をご利用の際は、弊社からお電話を差し上げる場合がございます。
{% endif %}

〜〜〜

f:id:mixtape-team:20170717223403p:plainf:id:mixtape-team:20170717223324p:plain

開発者向けのガイド

このテンプレート機能は、 liquid というライブラリを利用しており、上記以外にも標準で様々なフィルタやロジックを記述することが出来ます。

詳細は、以下のリンクをご覧ください。

github.com

また、こちらの機能につきましてご要望・ご質問などございましたらお問い合わせフォームよりご意見いただけると幸いです。

form.run

liquidは以下のMITライセンスのもとに利用しています:

Copyright (c) 2005, 2006 Tobias Luetke
Released under the MIT license

https://github.com/Shopify/liquid/blob/master/LICENSE