formrun guide

formrun guideでは、ユーザーの皆様に役立つTipsやFAQ、ニュース、ユーザーインタビューなどの情報をまとめてお伝えします

当サイトは https://faq.form.run/ へ移転しました。

お問い合わせ情報をGoogleスプレッドシートでエクスポートできるようになりました

f:id:mixtape-team:20180815105216p:plain

お問い合わせ情報を、Google社が提供する「Googleスプレッドシート」にてエクスポートできるようになりました。

これまでデータのエクスポート機能はCSV形式でのダウンロードのみとなっておりましたが、今回のアップデートを機に、Googleスプレッドシートでもエクスポートが可能となります。

※本機能は「STARTERプラン」「PROFESSIONALプラン」にてご利用可能な機能となります。

Googleスプレッドシートとの連携の方法

「フォーム設定」の画面から、左メニューの「外部連携設定」に遷移していただき、ご自身のGoogleアカウントと連携していただきます。 ※連携できるGメールアドレスは、各フォームに1アドレスのみとなります。 f:id:mixtape-team:20180816095053p:plain

連携されると、連携済みのアドレスが設定画面内に表示されます。 f:id:mixtape-team:20180816095246p:plain

Googleスプレッドシートへエクスポートする方法

Googleスプレッドシートへのエクスポートは、管理画面内の「リスト画面」よりご利用できます。

①リスト画面に遷移していただく

f:id:mixtape-team:20180816093849p:plain

②画面右上の「・・・」から「Googleスプレッドシート」を選択していただく

f:id:mixtape-team:20180816093633p:plain

③Googleスプレッドシートへ転記されます

Googleドライブに出力されるスプレッドシートは、「formrun-exports [フォーム名] [日時]」という名前となっております。

例)2018年8月1日13時55分20秒に「申込用」というフォームから出力したシートの表記

「formrun-exports 申込用 2018-08-01 15:55:20」

※スプレッドシートへの出力は、連続して行うことができません。1回ずつの出力作業が終わるまでには時間がかかる場合がございますので、該当のシートにて出力状況をご確認の上、2回目にお取り組みください。 f:id:mixtape-team:20180816123451p:plain

なお、Googleスプレッドシートのご利用はSTARTERプラン、PROFESSIONALプランの対象となりますので、今回のアップデートを機に、是非ともプランの変更をご検討くださいませ。

formrunのプランの詳細はこちら