formrun guide

formrun guideでは、ユーザーの皆様に役立つTipsやFAQ、ニュース、ユーザーインタビューなどの情報をまとめてお伝えします

クイックツアー:「リスト」画面の使い方

f:id:mixtape-team:20161002120330p:plain

ここでは、formrunの管理画面のひとつ「リスト」画面についてご紹介いたします。

formrunのマネージャー機能として、formrunに接続したウェブサイトのフォームに入力された情報を自動的にデータベース化します。また、お電話やFAX、対面営業で得た顧客情報を手動でカードに入力し、同じデータベース上で管理することもできます。

データの表示方法は「リスト」画面と「ボード」画面の2つがあり、「ビューの変更」で切り替えできます。

リストとは

「リスト」画面では、フォームに入力された情報もしくは直接作成した顧客情報をリスト形式で表示し、顧客管理することができます。

任意の顧客データをクリックすることで、顧客情報が記載されたカードが開きます。

※一部、有料プランの機能が含まれます

f:id:mixtape-team:20170701150605p:plain

ビュー切り替え

データベースを管理する表示形式を「リスト」と「ボード」画面の2種類から選ぶことができます。

検索ボックスと詳細検索

キーワードや文字列から、データベースを参照し、該当する項目を絞った形で表示します。フォームに入力された情報やカードに加えた情報の全てが検索の対象です。詳細検索では、期間を設定したデータ表示が可能など、より細やかな検索が行えます。

チェックボックス

チェックした顧客情報のカードを削除することができます。複数選択して一括削除することも可能です。

※削除したデータは復元できませんのでご注意ください

CSVファイル形式のダウンロード

WindowsとMacに対応したCSV形式のファイルとしてダウンロードすることが可能です。

表示項目変更

リストで一度に画面表示する件数を変更することができます。